J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年06月号

SPECIAL INTERVIEW 町民も職員も企業も一体となったまちづくり「融和」の作用で人口減少社会に挑む

「町の課題を解決したい」。
同じ目標をめざすことで、町民、職員、そして企業が変わり始めた―
プロジェクトに関わる人々の心に火をつける方法とは。
住民参加型のまちづくりに積極的な、岩手県雫石町のトップに、日本の問題、町の課題について尋ねた。

残り:3,195文字

/

全文:4,260文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


深谷政光(ふかや まさみつ)氏
岩手県 雫石町長

1943年生まれ。早稲田大学教育学部卒業。私立花巻商業高校(現・花巻東高校)教諭を経て、国土計画(現 プリンスホテル)入社。雫石町をはじめ、各地のスキー場に携わる。秋田県小坂町開発公社参与を務めた後、2010年11月より現職。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=雫石町提供、編集部