J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年06月号

CASE 2 丹青社 外部とつながり、そのつながりを活かす “しごとの作法”を学ぶ実践型新入社員研修 「人づくりプロジェクト」

商業空間や文化空間、イベント空間等、人が行き交うあらゆる空間づくりの課題解決を行う丹青社は、
2005 年から、オリジナルの実践型研修「人づくりプロジェクト」を実施している。
新入社員が、一流のデザイナーや職人と協業し、プロダクトを完成させるオリジナルの実践研修だ。
ここで磨かれるのは、ネットワークを築き、パートナーの意欲を引き出すディレクション能力。
空間づくりによって社会課題の解決を図る同社に欠かせない
“しごとの作法”を身につけさせる。

残り:3,596文字

/

全文:4,794文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

松村 磨氏 経営企画統括部 企画推進部 人材企画課 担当部長
松山新吾氏 経営企画統括部 企画推進部 人材企画課 課長
山岡 礼氏 経営企画統括部 企画広報室 室長


丹青社
設立は1959(昭和34)年。戦後活気づく百貨店の店内装飾を東京・上野で手がけたことから事業をスタート。以来、エポックメイキングな空間創造に多数携わりながら、「こころを動かす空間づくり」への取り組みを続けている。
資本金:40 億2675 万657円(2017年1月31日現在)、連結売上高:707億8100 万円(2017年1月期)、連結従業員数:1131名(2017年1月31日現在)

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=丹青社提供、編集部