J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年06月号

Column1 価値の創出も外部とシェアし、 積極的な“戦略的人材交流”を

社会起業の普及・啓蒙を行う雨宮寛氏が提言するのは、CSVを人材育成につなげる“ 戦略的人材交流” だ。
中でも、NPOなど異なるセクターと組んでプロジェクトを行うことが社員の刺激になるという。
海外のCSR 活動にも詳しい雨宮氏に、話を聞いた。

残り:2,375文字

/

全文:3,167文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


雨宮 寛(あめみや ひろし)氏
コーポレートシチズンシップ代表取締役。

外資系金融機関を経て、2006 年に同社を創業。デベロッピング・ワールド・マーケッツ日本代表およびアラベスク・アセットマネジメント上級顧問も務める。CSRやSR(I 社会的責任投資)の普及・啓蒙を目的としたコンサルティングや教育研修を行う。共訳書に『あなたのTシャツはどこから来たのか?』(ピエトラ・リボリ著、東洋経済新報社)、『暴走する資本主義』『SAVING CAPITALISM 最後の資本主義』(共にロバート・ライシュ著、東洋経済新報社)など。

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部