J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年05月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 人財の流動化が組織の垣根を越える イノベーション集団への変革のシナリオ

化学繊維やフィルム、医薬品、ITとさまざまな分野に事業を展開する帝人。メーカーからソリューション企業へと変貌を遂げる同社が今、力を入れているのが「イノベーションが生まれる組織づくり」だ。
「常に10個程度のイノベーションの芽を育て、そのうち5つほどが、規模は小さくとも事業化される状態が理想」と語るのは、人事・総務本部長の早川泰宏氏。そのためには事業の垣根を越えた融合と、自分で仕事を生み出せる人財が不可欠だという同氏に、その真意を聞いた。

残り:3,697文字

/

全文:4,929文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


帝人グループ執行役員
人事・総務本部長※
早川泰宏(Yasuhiro Hayakawa) 氏
1987年に帝人に入社。岩国工場、大阪本社にて購買・物流業務を担当。1995年インドネシア勤務、1999年中国新工場建設プロジェクト参画などを経て、2004 年帝人の購買・物流室長、2010 年帝人グループ執行役員に就任。2013年より人事・総務本部長。2017年4月より帝人グループ常務執行役員人事・総務管掌。
※2017年2月取材時点

会社紹介
帝人
1918年設立。レーヨン、ポリエステルなどの化学繊維、PETをはじめとするプラスチック類やフィルムの製造を通じて発展。その後ヘルスケア産業やIT分野にも進出し、メーカーからソリューション企業へと変革を遂げる。
資本金:708億1600万円(2016年3月31日現在)売上高:7907億円(2016年3月期)、従業員数:1万5756名(国内・海外合計、2016年3月31日現在)

取材・文/田邉泰子 写真/編集部