J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年03月号

OPINION1 復習 組織開発! 今さら聞けない組織開発の全体像と 人事・人材開発部門の役割

日本企業では近年、改めて組織活性化や組織開発に対する注目度が高まっている。
この「組織開発」とは何か、ご存知だろうか。なぜ今、注目度が高まっているのか。
その理由や基礎知識、全体像を、日本における組織開発の研究と実践を推進している中村和彦教授に聞いた。

残り:3,581文字

/

全文:4,774文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


中村和彦(なかむら かずひこ)氏
南山大学 人文学部心理人間学科 教授/NPO 法人OD Network Japan 代表理事

1964 年岐阜県生まれ。名古屋大学大学院教育学研究科教育心理学専攻後期博士課程満期退学。米国NTL Institute組織開発Certificate Program修了。専門は組織開発、人間関係トレーニング(ラボラトリー方式の体験学習)、グループ・ダイナミックス。組織開発実践者の養成や、さまざまな現場における実践に携わるとともに、実践と研究のリンクをめざしたアクションリサーチに取り組む。著書に『入門 組織開発』(光文社)がある。


[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部