J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年02月号

心理学×企業調査で検証 パフォーマンスを高めるチーム開発 第4回(最終回) 成果を上げるチームづくりのため、人事部にできること

九州大学と九州大学TLOが行ったフィールドリサーチを元に、チーム開発について紹介する本連載。
前回は、高業績チームをつくるため、リーダーはどう在るべきか言及した。
では、人事部や人材開発部門が担うべき役割とは何か。
最終回となる今回は、好事例企業のインタビューも合わせて紹介する。

残り:1,734文字

/

全文:2,312文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


青島未佳(あおしま みか)氏
産学連携機構九州(九州大学TLO) 総合研究部門 部門長。大学卒業後、日本電信電話(NTT)、アクセンチュア、デロイトトーマツコンサルティングを経て、2012年1月より現職。人事制度改革、人事業務プロセス改革、グローバル人事戦略など組織・人事領域全般のマネジメントコンサルティングを手掛ける。著書に『最新研究からわかったダイバーシティ時代におけるチームの在り方「高業績チームはここが違う」』(共著)など。