J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年01月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 人が組織をつくり、成長させる 経験が導いた〝杖〞としての人事

大手総合化学メーカー、旭化成。人事部門トップである橋爪宗一郎氏は、「人事は、社員の“杖”であるべき」と話す。
教育訓練担当として、製造・開発拠点で研修の企画に明け暮れた。会社の枠を越えた勉強会では、人の育成について、真剣に考え続けた。タイでは、事業を立ち上げる中で、スタッフが自立していく過程を目の当たりにした。これら一つひとつの経験が育んだ橋爪氏の確たる「人材育成観」、そして“杖”の真意について、話を聞いた。

残り:3,782文字

/

全文:5,042文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


旭化成
上席執行役員 人事部長
橋爪 宗一郎(Soichiro Hashizume) 氏
1981年旭化成入社。東京で人事労務部に配属後、川崎勤労、厚木勤労など事業所の人事労務部門で経験を重ねる。2003年の英国留学を経て2004年よりMMA(アクリル樹脂)などの石油化学事業に従事、海外との合弁会社設立を手掛ける。2013年より人事部長。2015年に上席執行役員就任。

旭化成
1931年設立。1922年に設立された宮崎県延岡市の合成アンモニアの製造会社が前身。現在は、マテリアル、住宅、ヘルスケア、エレクトロニクスの4つの事業領域を持つ総合化学メーカーとして展開する。グループビジョンは「『健康で快適な生活』と『環境との共生』の実現を通して、社会に新たな価値を提供していきます」。
資本金:1033億8900万円、連結売上高:1兆9409 億1400万円(2016年3月期)、連結従業員数:3万2821名(2016年3月31日現在)


取材・文/田邉泰子 写真/編集部