J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2017年01月号

経済学から見る未来  労働資源を大切に扱い “真のダイバーシティ”の実現へ

人口減少・少子高齢化が確実視される中、これからの企業はどうあるべきか。
慶應義塾大学の中島隆信教授が提言するのは、“真のダイバーシティ”の実現である。
そのヒントとなるのが、「比較優位」の考え方。
経済学的見地から見た、2030年に向けた見直しの方向性とは。

残り:3,167文字

/

全文:4,222文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


中島隆信(なかじま たかのぶ)氏 慶應義塾大学 商学部 教授
1960 年生まれ。1983 年慶應義塾大学卒、2001年同大学商学博士号取得。エール大学経済成長センター訪問研究員、内閣府大臣官房統計委員会担当室長等を経て2009 年より現職。主な著書に『障害者の経済学』『高校野球の経済学』(共に東洋経済新報社)、『こうして組織は腐敗する』(中公新書ラクレ)など。自ら脳性マヒを持つ子の親として、福祉関係者や家族だけの限られた世界で完結しがちな分野に経済学の視点から問題を捉え、社会への広がりをめざす。

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=中山博敬