J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年12月号

CASE 2 郁文館夢学園 早期レジリエンス教育 ストレスフルな社会でも活躍できる “生きる力”を高める

独自の「夢教育プログラム」により、社会で輝ける人材の育成をめざす郁文館夢学園。
同校は、中高生に対して、充実したレジリエンス教育を行っている。
特に、約1年間の海外留学を経験する郁文館グローバル高等学校では、3年間で10 回に及ぶプログラムを実施。留学や大学受験のストレスを乗り越え、さらには、グローバル社会で活躍できる“生きる力”、“タフネス”を身につけさせる。

残り:3,503文字

/

全文:4,671文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


土屋俊之氏 郁文館中学校・高等学校・グローバル高等学校 教頭
鈴木水季氏 スクールカウンセラー/臨床心理士/精神保健福祉士

郁文館夢学園
東京都文京区にある学校法人で、郁文館中学校、高等学校、グローバル高等学校の3校からなる。1889 年に開設された私立郁文館が母体であり、128年の歴史を持つ。2006年に学校法人名を郁文館夢学園、国際高校をグローバル高校に改称。人間力の向上、学力の向上、グローバル力の向上を柱とする「夢教育」を掲げる。全校生徒数1231名(2016年4月1日現在)

[取材・文]=崎原 誠 [写真]=編集部