J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

外国人材の心をワシづかみ! 日本発のマネジメント 第6回 相手を行動に駆り立てるエンゲージメント

世界の人材争奪戦において遅れをとる日本。
打開策は現地の人々のより深い理解、そして日本企業ならではの育成、伝統にある―。
異文化マネジメントに精通する筆者が、ASEANを中心としたグローバル人材にまつわる問題の解決法を解説します。
Antikwar/Shutterstock.com

河谷隆司( かわたに たかし)氏
ダイバーシティ・マネジメント研究所 代表取締役

ダイバーシティ・マネジメント研究所代表取締役。異文化マネジメントコンサルタント。マレーシア16 年半在住。マレーシア戦略国際問題研究所研究員等を経て現職。著書に『 Winning Together at Japanese Companies』他多数。ネットテレビ番組Japan Spiritキャスター。
www.diversityasia.com

これまで、アジア太平洋圏の現地(外国人)社員の勤労観やグッドボスの黄金律、そしてモチベーター(動機づけ要因)などを見てきました。今回と次回は、それらを踏まえたうえで、彼らを導くための実践手法へ進みましょう。

まず今回は、相手に当事者意識を感じてもらい、主体的な行動変化を促す「エンゲージメント」の手法を押さえたいと思います。ただ、さまざまなスタイルや利害が交錯する異文化の現実場面で行動変化を促すには、ハウツーを知る以前に「リーダーとしての洞察力」が必要なことは想像できると思います。そこで、ヨーロッパの街角で撮られたある動画の物語から話を始めたいと思います。エンゲージメントの要点が詰まっています。

IT’S A BEAUTIFUL DAY!

よく晴れた晩秋の午後、路上に黒いマフラーをした初老の男性が座っています。男性の前にはアルミ缶が置いてあり、時折、コインが投げ入れられる金属音が響いています。するとその前を通り過ぎた一人の女性が踵を返すや、男性の横にあった段ボールに何かを手早く書いて立ち去りました。途端に、どうでしょう。コーン……カーン……!

コインの音が鳴り止まなくなってしまいました。

異変に動揺する男性の前に先ほどの女性が再び現れます。ハイヒールを触って、その女性であると直感した男性は尋ねます。「あなたは私の段ボールにいったい何をしたんですか」「ちょっとしたメッセージを書いただけです。少し言葉を変えてね……」。段ボールに彼女はこう書いていました。“IT’S A BEAUTIFUL DAY AND I CAN’T SEE IT.”(今日は素晴らしい陽気。でも私には見えないのです)。もともと男性が書いていたのは“I’M BLIND. PLEASE HELP.”(私は盲目です。助けてください)だったのです。

場の共有感

I’M BLIND ……という言葉には、その文字を見た人と男性の間に、視力の有無という境遇の違いがあるためか、どこか共有感を得にくく、距離を感じてしまいます。すぐにHELPに踏み切れない何かがあります。

この感覚をIT’S A BEAUTIFULDAY……と比べてみます。澄み切った空から注ぐ暖かな日差し。紅葉を落としていく樹々。男女が心地よい会話に興じるカフェ。段ボールのメッセージを見た瞬間に誰もがその空気感を共有することができます。だからこそICAN’T SEE ITを見た瞬間に、その全てを味わうことが叶わない人の境遇に心が移り、何かしなければという衝動に駆られるのです。

I’M BLIND……はありのままの事実を伝え、行動(PLEASE HELP)に訴えているのですが、なぜか人の心を動かしません。何かが足りません。その足りないものを、IT’S A BEAUTIFULDAYは持っています。美しい晩秋の景色を共有することのできない相手への深い共感。行動への衝動。それなのです。

これが今月のテーマの「当事者意識を感じさせ、主体的な行動変化を促すエンゲージメント」の断面です。すぐにビジネスに使えるスキルセットではありませんが、人が行動に駆られる動機について何かつかめたのではないでしょうか。

実際に動画で観るのが一番です。200 万回以上視聴されたこの動画を、どうぞYouTube(「The Power of Words」で検索してみてください)でご覧になってください。2分以内で終わります。

エンゲージメントの3ステップ

以下の3ステップは、世界各地で実施してきた異文化リーダーシップ研修の実務課題演習から体験的に編み出してきた実践手法です。図1を参照しながら、各ステップの定義とフィードバック例、そのコツを見ていきましょう。

【ステップ1 バーニング・メッセージ】

第1ステップは私の造語、バーニング・メッセージ(Burning Message: BM)です。BMとは、人の感情に深く、直接的に届いて、行動への衝動を起こさせるトリガーとなる一言のことです。冒頭の物語では、I CAN’T SEE IT.がまさにそれです。

BMには前提があります。それは、相手にこうなってほしい、相手とこんな関係を築きたいといった思いがまず鮮明にあることです。BMは、その中からしか湧き出てきません。決して、自分の欲求をカモフラージュしたものではありません。上から目線の強い指示、ストレスを発散するための無理難題……これでは相手は行動変化を起こすどころか、逆に自己防衛(selfdefense)モードに入ってしまうでしょう。

<フィードバック例>

1.君のアイデアに一番情熱を持っているのは君だよ。

2.愚かな質問なんてないんだよ。君の質問はこれまで誰もしなかっただけかもしれないよ。

3.他人が何と言おうと関係ない。私はあなたのやり方でよいと信じています。

▶コツ:1.2.3.のいずれも一番言いたいことへ一直線。言葉は極力短く、一行かワンフレーズでズバリ。心の一番奥にある本音を会話の頭で言ってしまうことです。説明はその後で。3.の例は、あるハイレベルな初登壇の講義の後に、私自身がオーストラリア人のアジア統括人事部長から言われて元気百倍になったBMです。

【ステップ2 アライメント】

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,151文字

/

全文:4,301文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!