J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

寺田佳子のまなまな 第11回 保育園経営者 宮村柚衣氏に聞く 「ココロで行うマネジメント」

今回のお相手は、「ちゃのま保育園」経営者の宮村柚衣さん。
自分の子どもが待機児童になったことから歩み出した起業家の道は、楽しいことばかりではなかったといいます。
現場の保育士さんたちを活かす「宮村流」マネジメントについて、子どもたちの笑い声が絶えない保育園で、お話を聞きました。

残り:2,408文字

/

全文:3,211文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

宮村柚衣(みやむらゆい)氏
合同会社はひぷぺぽ代表・ちゃのま保育園代表。立命館大学法学部卒業。行政書士資格を持つ。司法書士事務所に就職後、新事務所の立ち上げに関わり経営に興味を持つ。2014 年、自身の子どもが待機児童になったことがきっかけで保育園を開業。「保育士の楽園プロジェクト」「日本ちゃのまProject」の立ち上げ等、保育の分野で幅広く活躍。

寺田佳子(てらだよしこ)氏
ジェイ・キャスト常務執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、熊本大学大学院教授システム学専攻講師、日本大学生産工学部非常勤講師、ATD(タレント開発協会)会員。著書に『学ぶ気・やる気を育てる技術』(JMAM)など。https://www.facebook.com/YoshikoTeradaBook