J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年11月号

CASE 1 ドリーム・アーツ 考える力を体験で鍛える! デジタルネイティブ世代の アナログな学び

ソリューション開発を手掛けるドリーム・アーツでは、IT企業であるにもかかわらず、「IT 断食」と称し、実務においてアナログ手法を重視する。
それは、新人の育成施策においても同様だ。
ITだけに頼らない教育が伸ばす力とは。

残り:3,245文字

/

全文:4,326文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


石田健亮氏 取締役/CTO(最高技術責任者)

ドリーム・アーツ
1996 年設立。大企業や大組織向けのグループウエアや営業支援システムなど、ITソリューション事業を主幹とする。企業メッセージは「対話から協創するソリューション」。実務においても取引先の業務に同行するなど、現場目線での開発を得意としている。資本金:3億円、連結従業員数:264名(2016年8月現在)

[取材・文]=田邉泰子[ 写真]=編集部