J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年09月号

Story 2 プレーを離れたことで見えてきたもの 車いすから発揮されるリーダーシップ

2015年度の全国高等学校ラグビーフットボール大会、通称「花園」の舞台で、車いすに乗った1人の選手の姿が話題となった。練習中の事故による四肢麻痺というハンディを負いながら、名門校のキャプテンとしてチームを支えた金澤功貴氏だ。
スポーツのキャプテンというと、チームの先頭に立って体を張る姿をイメージしがちだが、車いすの彼はどうやってキャプテンシー・リーダーシップを発揮したのか。
摂南大学に進学して、現在もラグビー部に籍を置く本人に話を伺った。

残り:2,993文字

/

全文:3,990文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


金澤功貴(かなざわ こうき)氏
摂南大学 ラグビー部

1997 年生まれ。中学時代は吹田ラグビースクールでフォワード選手として活躍し、大阪府スクール選抜キャプテンにも選ばれる。その後、常翔学園高等学校に進学するも、1 年の夏合宿で大ケガをして四肢麻痺に。車いす生活が続く中、3年の時にキャプテンとして花園に出場、話題を集める。2016 年4月に摂南大学に進学、法学部法律学科で学びながら、現在もラグビー部に籍を置き、チームに貢献している。

[取材・文]= 竹林篤実  [写真]= 金澤功貴氏提供、菊池壯太