J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年09月号

Trend 3 起業家養成の権威・バブソン大学で教えられている アントレプレナーシップとリーダーシップ

米国ボストンに、起業家教育に特化した大学がある。
知る人ぞ知る「バブソン大学」である。トヨタの豊田章男社長やイオングループの岡田元也CEOなど、名だたる企業の経営者も卒業生名簿に名を連ねる。
ニューズ&ワールド・レポート誌、大学ランキングの起業家養成部門では20年以上1位を獲得している。世界中から起業したい若者や既に経営に携わる社会人学生等が集まり、学生の4割は海外からの留学生だ。
そこで教えられているリーダーシップとアントレプレナーシップとは。

残り:3,259文字

/

全文:4,345文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


右:山川恭弘( やまかわ やすひろ)氏
バブソン大学 准教授 専門:アントレプレナーシップ・失敗学
慶應義塾大学法学部卒。ピーター・ドラッカー経営大学院にてMBA、テキサス州立大学ダラス校にて国際経営学博士号取得(Ph.D)。バブソン大学にて、日本人としては非常に稀な「Tenure(終身在職権)」を取得。起業コンサル、数々のベンチャーのアドバイザリー・ボードを務める。

左:キース・ローラグ( Keith Rollag)氏
バブソン大学 准教授 専門:組織行動学・リーダーシップ・チームワーク
スタンフォード大学にて博士号取得。P&Gの開発責任者として、日本、アジアでの赴任経験を持つ。ハーバード、スタンフォードなどが発行する学術誌に数多くの論文を掲載。バブソン大学ではマネジメント部門の責任者を務める。

[取材・文]=堀尾志保・小菅 啓・永國幹生(JMAM) [写真]=永國幹生