J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年09月号

Trend 2 米国リーダーシップ専門教育・研究機関CCLの グループ・リーダーシップモデル「DAC」

昨今のビジネス環境で勝ち抜いていくためには、組織のトップや役職者だけがリーダーシップを発揮するのではなく、組織のメンバー全員がリーダーシップを発揮して動く必要がある。
しかし、複数人でリーダーシップを発揮するとは、どういうことなのか。
どうしたらよりよい成果をもたらすことができるのか―。
それらについて、米国のリーダーシップ専門教育・研究機関CCL(Center forCreative Leadership)が提唱するフレームワークから学ぶことができる。

残り:2,263文字

/

全文:3,017文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


シンシア・マッコーレイ氏CCL(Center for Creative Leadership)
上席研究員

CCL(Center for Creative Leadership)上席研究員。研究活動、出版物発行、教育プログラムの設計などを通じ、組織におけるリーダーシップ開発に長年活動的に貢献。リーダーシップ開発につながる経験学習の分野における世界的な第一人者。ジョージア大学にて産業組織心理学Ph.D.取得。共著に『リーダーシップ開発ハンドブック』(白桃書房)。共著・新刊に『経験学習によるリーダーシップ開発』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

[取材・文]=堀尾志保・小菅 啓・永國幹生(JMAM) [写真]=永國幹生撮影