J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年08月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 重要なのはビジョンへの共感。 それ以外は多様でいい

グループウェア事業で、国内トップシェアを誇るサイボウズ。
「世界中のチームワーク向上に貢献する」を使命として、製品の国際化とグローバル市場への進出を進めている。
同社を率いる青野慶久社長は「人は多様であることを受け入れて、制度や風土をつくる必要がある」と明言。
実際に、9種類の選べる働き方を用意し、自身も三度の育児休暇を取得している。
その柔軟な考えの源泉と、実践の秘密に迫った。

残り:4,135文字

/

全文:5,513文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


青野慶久(Yoshihisa Aono)氏
サイボウズ 代表取締役社長

生年月日 1971年6月26日
出身校 大阪大学 工学部
情報システム工学科
主な経歴
1994年4月 松下電工 入社
1997年8月 サイボウズ設立 取締役副社長
2005年4月 代表取締役社長 就任
2010年8月 育児休暇取得 1回目
2011年8月 代表取締役社長
兼 グローバル開発本部長
2012年2月 代表取締役社長
兼 ビジネスマーケティング本部長
2012年3月 育児休暇取得 2回目
2015年1月 代表取締役社長
兼 グローバル開発本部長
2015年3月 育児休暇取得 3回目
2015年4月 代表取締役社長
兼 グローバル開発本部長
兼 サイボウズ・ラボ 代表取締役社長
現在に至る

企業プロフィール
サイボウズ
1997年の創業より、チームの情報共有を支援するグループウェアを開発・販売。2011年秋、クラウドサービス「cybozu.com」をリリース。
「世界中のチームワーク向上」をミッションとし、多様性を尊重した新しい働き方に取り組んでいる。
資本金:6億1300万円(2015年12月末時点)
連結売上高:70億1300万円(2015年12月期)
連結従業員数:464名(2015年12月末現在)

インタビュー・文/村上 敬
写真/小林 淳