J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年06月号

OPINION1 必要なのは覚悟とプロ意識 グローバル人事制度推進を阻む 日系企業2つの壁

グローバルに対応する人事制度の必要性については、この20年ずっと議論されてきた。
しかし、どれほどの企業が、導入に成功しているといえるだろうか。
早稲田大学政治経済学術院の白木三秀教授は、日系企業のグローバル化が進まない原因は、2つの壁にあるという。その解決策を聞いた。

残り:3,257文字

/

全文:4,342文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

白木三秀( しらき みつひで)氏
1951 年滋賀県生まれ。早稲田大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。博士(経済学)。国士舘大学経済学部助教授、教授等を経て現職。
この間、シンガポール国立大学客員研究員、フィリピン大学大学院客員教授などを務める。主な著書に『国際人的資源管理の比較分析』(有斐閣)『グローバル・マネジャーの育成と評価』(早稲田大学出版部)など。

[取材・文]=田邉泰子 [写真]=編集部