J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2016年02月号

連載 中原 淳の学びは現場にあり!  第35回 言葉に出来ない「ハンドリング」の技をどう伝えるのか 「リハビリの先生」 理学療法士たちの学び

急激に高齢化が進む日本において、問題となっているのが、医療や介護分野の人材不足。
運動機能の回復を目的としたリハビリを行う理学療法士もまた人材の育成が急がれる仕事のひとつです。
今回は、理学療法士の仕事の現場を訪ねました。

残り:3,275文字

/

全文:4,366文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中原 淳(Jun Nakahara, Ph.D.)
東京大学 大学総合教育研究センター准教授。著書に『職場学習論』『経営学習論』
『活躍する組織人の探究』『研修開発入門』『駆け出しマネジャーの成長論』など多数。
Blog: http://www.nakahara-lab.net/blog/
Twitter ID: nakaharajun

[取材・文] = 井上 佐保子 [写真] = 宇佐見 利明