J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年12月号

OPINION2 スタートは経営戦略の理解から 環境設備や施策が生きる ワークプレイスづくりのストーリー

日本のワークスペースは、欧米型を後追いするような形で進化を遂げてきた。
しかし、形式だけ取り入れても機能しないのは明白だ。
自社に最適なワークスペースをデザインするには。
グローバルレベルでオフィスデザインを手掛けるゲンスラーの天野大地氏に話を聞いた。

残り:2,998文字

/

全文:3,997文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


天野大地( あまの だいち)氏
AIA, LEED AP BD+C ゲンスラー・アンド・アソシエイツ・インターナショナル・リミテッド プリンシパル/デザインディレクター

AIA, LEED AP BD+C
世界的なオフィスデザイン設計事務所、ゲンスラー社の東京オフィス兼アジア地区デザインディレクター。クライアントの企業戦略を踏まえ、その実現に向けた空間構築とワークスタイルをデザインに落とし込んでいくコンサルティング手法に定評がある。

[取材・文]=溝上憲文 [写真]=ゲンスラー提供