J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年12月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 後継者育成の原点は 現場で命題を見つける目

通信教育「進研ゼミ」をはじめ、教育、語学、生活、シニア・介護など幅広い領域で事業を展開するベネッセグループ。
同グループがめざすのは、顧客一人ひとりの学びと成長を生涯にわたり支援することだ。
昨年、経営トップに就任したのが、アップルや日本マクドナルドで経営手腕を発揮してきた原田泳幸氏。
「お客様視点」の強化を軸とした変革を進める原田氏に、人材育成に対する考えを聞いた。

残り:4,039文字

/

全文:5,385文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


原田泳幸(Eikoh Harada)氏
ベネッセホールディングス 代表取締役会長 兼 社長

生年月日 1948年12月3日
出身校 東海大学 工学部

主な経歴
1972年4月 日本ナショナル金銭登録機(現・日本NCR)入社
1980年11月 横河・ヒューレット・パッカード 入社
1983年1月 シュルンベルジェ 取締役
1990年8月 アップルコンピュータジャパン マーケティング 部長
1996年6月 米国アップルコンピュータ社 副社長
1997年4月 アップルコンピュータ(日本法人) 代表取締役社長
2004年2月 日本マクドナルド 代表取締役副会長 兼 CEO
2005年3月 日本マクドナルドホールディングス 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEO
日本マクドナルド 代表取締役会長 兼 社長 兼 CEO
2013年6月 ベネッセホールディングス 取締役
2014年6月 ベネッセホールディングス 代表取締役会長 兼 社長(現任)
2014年10月 ベネッセコーポレーション 代表取締役社長(現任)
現在に至る

ベネッセホールディングス
1955年、福武書店として創業。「Benesse=よく生きる」を企業理念に掲げ、教育、語学、生活、シニア・介護の分野で事業を展開。学びと成長を生涯にわたり支援している。
資本金:136億円、連結売上高:4632億円(2015年3月期)、連結従業員数:2万145名(2015年3月31日現在)

インタビュー・文/増田忠英
写真/中山博敬