J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年10月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 現場で磨く“目利き力”が ワンストップのグローバルサービスを可能に

ITのワンストップサービスを追究する日立システムズは、データセンターやコンタクトセンター、セキュリティオペレーションセンター、全国のサービス拠点などのサービスインフラを生かし、
顧客企業ごとのニーズに応じたシステムの構築・運用・監視・保守に当たる。
同時に、「グローバルサービスカンパニー」を標榜し、アジアや欧米にも進出中だ。
日立システムズグループ約1万8000名を率いる髙橋直也氏に、発足以来の人事ポリシーや人財の育て方・磨き方について聞いた。

残り:3,622文字

/

全文:4,829文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール


髙橋直也(Naoya Takahashi)氏
日立システムズ 代表取締役 取締役社長
生年月日 1948年10月17日
出身校 慶應義塾大学大学院
工学研究科 修士課程
主な経歴
1973年4月 日立製作所 入社
2001年 情報・通信プラットフォームグループ
RAIDシステム事業部長
2003年 情報・通信グループCOO
2006年 執行役常務
2007年 執行役専務
2009年 代表執行役副社長
2011年4月 日立電子サービス
代表取締役 社長執行役員
2011年10月 日立システムズ 代表取締役
取締役社長
現在に至る

日立システムズ
1962年設立。システムの導入コンサルティングから設計・構築、運用、保守、 ヘルプデスクに至るまで、 ITのライフサイクル全領域をカバーするワンストップサービスを提供。
資本金:191億6200万円、連結売上高:4303億7700万円(2015年3月期)、連結従業員数:1万7995名( 2015年3月31日現在)
インタビュー・文/楠本 亘
写真/山下裕之