J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年09月号

CASE 3 ヤマト運輸 イントラを活かして関係性をつなぐ 感謝や褒め合う言葉が蓄積される「満足BANK」

多くの企業が「サンクスカード」のような褒め合う仕組みを導入しているが、ヤマト運輸の「満足BANK」はイントラネット上に、その内容とポイントが貯まっていくという仕組みである。同僚はもちろん、上司と部下、先輩と後輩同士が感謝を伝え合う場となっている。

残り:3,050文字

/

全文:4,067文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

高橋暢晴氏 育成戦略部長
江原美江氏 育成戦略部 課長
畑中大輔氏 育成戦略部 係長

ヤマト運輸
1919 年創業。1976 年に「宅急便」を開始。郵便小包以外に配送の手段がなかった時代、「翌日配達」を実現していった。現在はヤマトホールディングス傘下の企業としてデリバリー事業を展開。
資本金:500 億円、連結営業収益:1兆3967億800万円(2015年3月期)、単体社員数:15万9844名(2015年3月15日現在)

[取材・文]=道添 進 [写真]=編集部