J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年08月号

OPINION3 男性中心の組織はこうすれば変わる 成果を公正に評価し、暗黙知を共有する

従来、日本の企業では、出世しようとすれば深夜残業と飲みニケーションが欠かせなかった。
同じ公式を育児中の女性にあてはめられるだろうか?
もちろん、答えは「ノー」だ。残業しなくても、飲み会に出なくても、女性がキャリアアップできるような制度づくり、組織づくりとは。
女性活躍やダイバーシティ・マネジメントなどに詳しい塚田聡氏が解説する。

残り:2,917文字

/

全文:3,889文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

塚田 聡( つかだ さとし)氏
三菱UFJリサーチ&コンサルティング 経済・社会政策部 副主任研究員。慶應義塾大学経済学部卒業、慶應義塾大学大学院 社会学研究科社会学専攻 前期博士課程修了(修士)。金融機関、外資系コンサルティング・ファームを経て現職。女性活躍推進・ダイバーシティマネジメント戦略室所属。ワークライフバランス推進支援、看護職の確保・定着サポート、マネジメント能力向上による業務効率化・生産性向上の支援も行う。
[取材・文]=Top Communication [写真]=編集部