J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年07月号

OPINION1 「グローバル人材育成」は特別か否か?! 鍵はコミュニケーションレベルの違い

「グローバル人材育成」は、通常の人材育成と異なるのか。
異なるのなら、どのようにすればその要素を育成できるのか。
長年、日本企業の内外からグローバル人材育成に携わり、日本の企業文化にも詳しいブライアン・シャーマン氏に聞いた。

残り:2,912文字

/

全文:3,883文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

ブライアン・シャーマン氏
グラマシー エンゲージメント グループ 代表取締役
グローバル組織人事コンサルタント
米国ニューヨーク州出身。13歳の頃、交換留学プログラムで初来日。その後同志社大学への留学、富山県黒部市役所での勤務などを経て、1999年、ニューヨーク市の日系企業向け人事コンサルティング会社入社。2004年、米国住商情報システムズにて人事総務部長、2007年からはファーストリテイリング東京本社にてグローバル人事戦略業務に参画し、欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年、グラマシー エンゲージメント グループを設立し現職。

[取材・文]=増田忠英 [写真]=編集部