J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年04月号

おわりに 既成概念から脱却し新しいリーダーシップを育てる

リーダーシップのパラダイムシフトが起きている。

かつてはメンバーの力を引き出すリーダーシップが欠けていても、組織はそれなりに機能していた。日本人は総じて責任感が強いこともあり、安定した環境下では自分の役割を認識し、きちんと仕事をこなすことができたのだ。

「組織に長がいれば、それでリーダーシップが存在していると信じられてきた」

OPINION1 髙橋潔氏の言葉は印象的だ。

だが、グローバル化や技術革新などで変化のスピードが速まり、あらゆる商品、サービスに高付加価値が求められる今日はそうはいかない。複雑化するゲームに勝つにはさまざまなリーダーの活躍が求められる。

メンバーの心をつかみ、チームをひとつにまとめるチームリーダー。試合の流れをうまく運び、勝利を呼び込むゲームリーダー。ビジョンや先見性を掲げるイメージリーダー。そして、育成を手がけるドリルリーダー。

時代が求めているのは、多様なアプローチによってチームを成功に導く、多様なリーダーたちだ。

「同じタイプのリーダーが金太郎飴のようにいる組織より、多種多様なタイプのリーダーがいるダイバーシティが進んだ組織のほうが、環境変化に強い」と語るのは、OPINION2の榎本英剛氏である。同氏は「もはや地位や権力で人を動かす時代ではない」とも話す。組織がフラット化し、自律した働き方が不可欠な今日では、地位や役職にかかわりなく、あらゆる人が現場でリーダーシップを発揮すべきだ。また、周囲をぐいぐい引っ張るカリスマ型のリーダーのもとでは、指示や命令によって強制的に動かされるメンバーは受け身になってしまい、自主性を発揮できなくなる。必要なのは求心力。魅力によってメンバーの心をつかみ、それぞれの力を引き出すリーダーシップが求められている

OPINION3 宍戸拓人氏によれば、組織で起こるコンフリクトをよい方向に導く「コンフリクト・マネジメント」の能力も求められる。

コンフリクトは全てが悪いものとは限らない。仕事上の理性的な意見やアイデアが前向きに衝突すれば、その中から新しい価値やイノベーションが生まれる。こうした理性的なコンフリクトは「タスク・コンフリクト」と呼ばれる。その場をうまく収めることだけがリーダーの仕事ではないのだ。

時代の変化により、変わりつつあるリーダーシップ。大きな変化としては、次の3つが挙げられる。

● 「組織を引っ張るカリスマ型リーダー」⇒「メンバーの力を引き出す魅力あるリーダー」

● 「組織の長」⇒「役職にかかわりなく、あらゆる現場で活躍するリーダー」

● 「コンフリクトを回避するリーダー」⇒「コンフリクトをマネジメントし、新しい価値やイノベーションを引き出すリーダー」

リーダーシップ育成、2つの道

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,325文字

/

全文:2,650文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!