J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

企業事例① パナソニック 国境を越えて理念を共有し長期的に現地の人材を育てる

世界中に約190もの拠点を持ち、さまざまな国籍の人が働くパナソニックでは、現地の人材を育成し、事業を任せる方法で現地法人を育てている。人種や文化、国の体制などが異なる国々で、“パナソニック”としての一体感を保つための核となっているのが同社の「経営理念」だ。

残り:3,374文字

/

全文:4,498文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

阿部 信弥氏
人材開発カンパニー 社長
上田 修治氏
人材開発カンパニー ものづくり研修センター 所長
パナソニック
1918年創業。故・松下幸之助氏が考案したアタッチメントプラグを製造・販売した松下電気器具製作所を母体とする。2008年に社名を松下電器産業からパナソニックに変更。同年、三洋電機を子会社化。電子部品から家庭用電子・電化製品、FA・産業機器、情報機器に至る幅広い商品サービスを手がける総合エレクトロニクスメーカー。
資本金:2587億円、売上高:7兆4180億円、従業員数:38万4586名(いずれも連結、2010年3月期)※三洋電機は第4期のみ連結。
取材・文/赤堀 たか子、写真/本誌編集部