J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年01月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 自ら学びを見出し将来を切り拓く人材を育てる

「進研ゼミ」など、通信教育事業を中心に子どもから大人まで、日本人の「学び」を支える、ベネッセホールディングス。昨今では、中国に進出し27万人の「こどもちゃれんじ」人口を獲得している。また国内でも事業領域を介護や育児、生活に至るまでをカバーし、事業の領域と規模を積極的に拡大させている。そんな同社が今、注力している人材開発課題は?
また、日本の教育の現状をどう見つめ、どう貢献しようと考えているのだろうか。代表取締役社長の福島保氏にその考えを聞いた。

プロフィール

ベネッセホールディングス代表取締役社長
福島保(Tamotsu Fukushima)氏
1971年4月 福武書店(現:ベネッセコーポレーション)入社
1983年4月 高校通信教育部統括責任者
1993年4月 人材開発事業部統括責任者
2000年6月 取締役経営革新本部長
2003年4月 執行役員専務 兼 中・高教育カンパニープレジデント
2005年11月 執行役員専務 兼 CMO(最高市場戦略責任者)
2006年6月 取締役 兼 執行役員専務 兼 CMO
2007年4月 代表取締役社長 兼 COO(最高執行責任者) 兼 教育事業カンパニー長
2009年10月 ベネッセホールディングス代表取締役社長 兼 ベネッセコーポレーション 代表取締役社長
現在に至る
ベネッセホールディングス
1955年に福武書店として創業。現在は、通信教育『こどもちゃれんじ』『進研ゼミ』など学校外教育を行う「教育」、近年中国を中心に大きく成長している「海外教育」、女性の家事・育児・生き方の支援などを行う「生活」、入居介護サービス事業などを手掛ける「シニア・介護」、ベルリッツをはじめとする語学教育、翻訳、通訳の各事業を展開する「語学・グローバル人材教育」の5つの事業領域でサービスを提供。
資本金:136億円、売上高:4066億円(2010年3月期・連結)、従業員数:15353名(2010年3月31日現在、連結)
インタビュアー/和田 東子、写真/真嶋 和隆