J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

ネットでつながる時代にどう書くか ネットの集合知で自らの考えを推敲する

パソコンやネットばかりしていては、まとまった文章が書けないという意見もある。だが佐々木氏は、それはまったく違うという。ネットの「集合知」を利用し、書いたものを整理しやすいパソコンだからこそ、質の高い内容を書くことができるというのだ。

残り:1,888文字

/

全文:2,517文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

佐々木 俊尚氏
ITジャーナリスト
1988年毎日新聞社入社、1999年アスキーに移籍。月刊アスキー編集部などを経て、2003年からフリージャーナリスト。IT関連の取材を精力的に続けている。『次世代ウェブ』(光文社)、『ネット未来地図』(文藝春秋)など著書多数。
取材・文/西川 敦子、写真/高岡 隼人