J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

手で書くか、キーボードで書くか 脳を刺激して賢く書く方法

脳科学の立場から見ると、「脳の活動」と「書くこと」には、どのような関係があるのだろうか。
とりわけ、書くことの原点ともいえる手書きは、脳の活動と密接に関係しているという。
専門家の見地から、手やキーボード入力で「書く」ことが、人間の脳にもたらす影響について聞いた。

残り:1,382文字

/

全文:1,843文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

牧 敦(まき・あつし)氏
1990年日立製作所入社。日立中央研究所、基礎研究所に配属後、脳機能計測法・光トポグラフィを世界で初めて開発。脳科学研究の一環として、脳の言語機能に関する研究に携わる。20年間の研究所勤務を経て、2010年4月より現職。
取材・文・写真/高橋 美香