J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

How should we write? 書く力を武器にする

先のインタビューで阿刀田高氏は、書き手は覚悟を持って書き、書いたことに責任を持つ必要があると述べている。
ではそのように書くためには、何が必要なのだろうか。
ここでは「書く」ことを分解し、仕事の“武器”として使いこなすまでの道筋を考える。

残り:1,782文字

/

全文:2,376文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。