J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2010年10月号

Special Interview 阿刀田高はこう書く

プロフェッショナルが書くものは、長年にわたり生き続ける。それは、文章を書き散らさず、勇気と責任を持って書いているからだと、日本を代表する小説家の1人である阿刀田高氏はいう。どのように言葉を紡いでいるのか、そして文章を書く際のヒントを阿刀田氏に聞いた。

残り:2,531文字

/

全文:3,375文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

阿刀田 高(あとうだ・たかし)氏
小説家。1935年、東京生まれ。早稲田大学文学部仏文科卒業。1970年『ナポレオン狂』で直木賞受賞。2003年、紫綬褒章受賞。元文化庁文化審議会国語分科会会長、現在、文字・活字文化推進機構副会長、日本ペンクラブ会長などを兼任
取材・文/木村 美幸、写真/真嶋 和隆