J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年03月号

特集 今、価値観が問われる 女性リーダーを育成するということ

日本企業では長年にわたり、勤務時間や場所への制約が少ない「男性正社員」の活用を念頭においた人事評価制度が運営されてきた。
しかし、将来の労働力不足が明らかで、国際競争も激しい今、この慣行を変更し、多様な人材を活かした人事戦略・経営の実現が求められる。
その筆頭が、女性の活躍推進や女性リーダーの育成である。
日本企業の現状として、女性の活躍推進を中心とした「ダイバーシティ推進活動」を行うところは少なくない。
しかし、女性を組織の要職につけ、積極的に活かしていくには、働きやすさに配慮した制度の整備のみならず、それ以上の育成施策や啓蒙活動が必要である。
そこで本特集では、本格的に女性を活かし、組織のリーダーに育てていくために、日本の人事・人材開発部門は何を考え、何を用意し、何を変える必要があるのか。
また具体的にできる施策や環境整備、啓蒙活動とはどんなものなのかを、識者の知見や、先行事例から明らかにしたい。

Photo by Sergey Nivens/shutterstock.com

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!