J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年02月号

ID designer Yoshikoが行く 第92回 「こすぎの大学」が育む 主役意識と地元デザイン

寺田 佳子(てらだ・よしこ)氏
ジェイ・キャスト執行役員、IDコンサルティング代表取締役、日本イーラーニングコンソーシアム理事、IT人材育成事業者協議会理事、eLP(eラーニングプロフェッショナル)研修委員会委員長、熊本大学大学院教授システム学講師、JICA─NET Instructional Design Seminar講師、ASTD(米国人材開発機構)会員。著書に『IT時代の教育プロ養成戦略』(共著、東信堂)など。http://instructionaldesign.blog97.fc2.com/

毎月第二金曜日の夜、19時28分。この微妙な時間に合わせて、町内会館に集まるナゾの集団がいる。仕事帰りにかけつける会社員、地元商店街の主人、子どもを預けて参加する主婦……。職業もさまざまなら年齢性別もさまざま、趣味を同じくしているようにも見えないオトナたちがテーブルを囲んで座り、時計の針が19 時30 分を指すのをじっと待っている。一様にワクワクした気配を漂わせる、彼らはナニモノ……?

実は、彼らはタワーマンションや大規模商業施設が次々と建ち、ダイナミックな変貌を遂げている注目の街、川崎市中原区の武蔵小杉に「住んでいる人」「働いている人」、そして武蔵小杉が「大好きな人」たちなのである。武蔵小杉、略して「こすぎ」を舞台に、人と出会い、学び合って、よりよい地域デザインを考えようと、2013 年9月にオープンしたソーシャルな学びの場、『こすぎの大学』のメンバーなのだ。

こすぎのこだわりとお楽しみ

「こすぎの大学」には特別なこだわりがある。授業開始と共に集中して学ぶために、19 時30 分を2分前倒しでスタートする「こすぎ時間」もそうなら、21時までの92分間を小学校の4時限授業に見立てて進める「こすぎ時間割」もそうだ。自己紹介と「先生役のお話」から始まり、1時限目は「先生役のお話」についての気づきを書き出す個人ワーク、2時限目はグループで気づきをシェア。その後「席替え」があり、3時限目は、新しいメンバーと「本日のお題」についてダイアログでアイデア交換、そして4時限目はグループごとの発表会で締めくくる。

みんなでワイワイと発表用の絵を描くのに熱中する姿は小学生と変わらないが、ちょっとビールを飲んでリラックスしての参加もOKなのと、授業終了後の放課後には、居酒屋での二次会が待っているのが、小学生にはないお楽しみだ。

地元商店街で眼鏡屋を営む大坂亮志さんから、川崎市副市長の三浦淳さん、川崎フロンターレのプロモーション部部長の天野春果さんまで、毎回、武蔵小杉にご縁のある人を先生役に迎えるこの大学、参加する生徒役は20 ~ 30人が平均だが、最近は80 ~ 100人の規模に膨れ上がることもあり、「超人気校」に成長しつつある。

この大学の仕掛け人、名づけて「企画編集ユニット6355(ムサコ〈武蔵小杉の略称〉の5人の意味)」の1人、武蔵小杉の大手電機メーカーでブランド戦略・マーケティングを担当する岡本克彦さんにお話を伺い、その人気の秘密が見えてきた。

秘密①“ 主役”

第一の秘密は、「一人ひとりが主役」という雰囲気づくりだ。

例えば、初回の先生役をした、岡本さんと同じ電機メーカーでデザインを統括する佐藤敏明さんの場合。「対話によるライフデザインが、毎日の暮らしに化学変化を起こさせる」というお話の後、「武蔵小杉を表現する漢字(一文字)を考えてみましょう!」をテーマにワークショップを行った。

4時限授業を終えて発表された漢字の中には、「交+心」と書いて「ネットワークと読む」など辞書にはない新しい字もあり、生徒役の柔らかな思考から生まれた想定外の化学反応に、先生役のほうがビックリ。「学び合う関係」が自然に生まれ、「みんなが主役」である意識を育成する授業デザインなのである。

そこで思い出したのが、元米国海軍イージス艦艦長で、著書『It'sYour Ship』でも有名なマイケル・アブラショフ氏の言葉だ。

「『誰かがこの船を動かしている、自分は乗っているだけだ』と思っているうちは、物事は変わらない。『私が乗っているこの船は、私が動かしているのだ』と船員一人ひとりが思い始めた時、船は今までにない動きをするようになる」

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,138文字

/

全文:2,275文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!