J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年02月号

TOPIC e-Learning Awards2014フォーラム レポート 大前研一氏が語る、オンライン学習の可能性

2014年も「e-Learning Awardsフォーラム」が3日間にわたり東京で開催され、日本e-Learning大賞の表彰式やeラーニングを取り巻く多種多様なテーマを取り上げた各種プログラム・セミナーが行われた。
本稿では、オンラインの特性を活かした大学の展開により厚生労働大臣賞を受賞したビジネス・ブレークスルー大学の事例として、学長の大前研一氏による基調講演の模様を紹介する。
開催日:2014 年11 月12 日~ 14 日
会 場:ソラシティ カンファレンスセンター(東京都千代田区)
主 催:e ラーニングアワードフォーラム実行委員会/フジサンケイビジネスアイ

残り:1,654文字

/

全文:2,205文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

大前研一(おおまえ けんいち)氏
1943 年福岡県生まれ。
マサチューセッツ工科大学(MIT)で工学博士号を取得。
1994 年までマッキンゼー・アンド・カンパニーで本社ディレクター、日本支社長、常務会メンバー、アジア太平洋地区会長などを歴任。主な著書に『日本の論点』(プレジデント社)などがある。カリフォルニア大学 ロサンゼルス校(UCLA)教授、ボンド大学客員教授。

取材・文/田邉泰子 写真/中原美穏子