J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年02月号

人材教育最前線 プロフェッショナル編 「ビジネス力」と「人間力」を現場感のある施策で育む

「人材育成の仕事は開発や営業と違い、表舞台で脚光は浴びない。ただ学んでいった人たちが活躍してくれればいい。育成部門の役割とはそういうもの」と語るのは、クリナップ 人事部 人材育成担当部長の国井清史氏である。クリナップは2009年に創業60周年を迎え、企業理念の刷新と共に教育制度の再構築に着手。国井氏は体系づくりの中核を担い、さらに自ら先頭に立ち運用を軌道に乗せてきた。「最後は人を育てて、会社に恩返しをしたい」。そこには、自身の経験と知識を形にした育成の仕組みとこだわりがある。

残り:2,967文字

/

全文:3,956文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

人事部 人材育成担当部長
国井清史(Kiyoshi Kunii)氏
1980 年クリナップ入社。営業を経験後、1981年研究開発部に異動。暖房機器および浴槽関連開発業務に携わる。1984 年商品マーケティングを担当して以降、開発企画部、マーケティング部、経営企画部などで各分野のマーケティング業務を経験。2011年人事部 人材育成担当部長就任。

クリナップ
1949 年創業。システムキッチンなどの厨房機器をはじめ、浴槽機器、洗面機器など住宅設備機器の製造・販売を行う。1973年、日本初のシステムキッチンを開発。2009年には創業60周年を迎え、新企業理念として「家族の笑顔を創ります」を掲げた。
資本金:132 億6734万円(2014 年3月末現在)、連結売上高:1287億8500万円(2014 年3月期)、連結従業員数:3392名(2014 年3月末現在)

取材・文・写真/髙橋真弓