J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年02月号

CASE.2 日本たばこ産業 カギは自ら学びたいという「渇望」 学習意欲を刺激する制度を構築

海外でのM&Aを積極的に展開し、たばこ市場では世界第3位のグローバル企業となった日本たばこ産業(JT)。
海外事業のウエイトをいっそう高める中で、日本人社員の語学力強化策をどのように展開しているのか。

残り:3,107文字

/

全文:4,142文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

山本祥太郎 氏 人事部次長
ベットスキ・シルビャ 氏 人事部課長
日本たばこ産業
1985年設立。JTグループとして世界中で事業を展開し、世界たばこ市場におけるシェア第3位に。現在、90以上のブランドを120以上の国と地域で展開。
資本金:1000億円、連結売上収益:2兆3998億円、連結従業員数:5万1563人(共に2014年3月31日終了年度)
[取材・文]= 楠本亘 [写真]=編集部