J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年02月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 伸びるのは、好奇心を胸に何事にも学ぶ、輝きを持つ人材

自動車用・産業用各種電池、停電時にビルや通信・交通などのインフラシステムを一時的にバックアップする電源システムなど、社会を支える製品の製造・販売を行うGSユアサは、持株会社ジーエス・ユアサ コーポレーションの事業子会社である。
その両社の代表取締役社長を務めるのが、依田誠氏だ。
依田氏は1972年、旧日本電池に入社後、海外を中心にキャリアを重ね、2006年に社長に就任。その後、経営統合に伴う難しい局面を、強いリーダーシップで引っ張ってきた。
さまざまな課題をクリアし、2013年度には過去最高の業績を達成した依田社長が描く、今後必要とされる人材像とは。

残り:4,100文字

/

全文:5,466文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

依田 誠 (Makoto Yoda)氏
生年月日 1950年1月24日
出身校 中央大学商学部
主な経歴
1972年3月 日本電池(現 GSユアサ)入社
1995年4月 山東華日電池有限公司総経理
2000年9月 日本電池(現 GSユアサ)情報通信事業部長
2001年6月 同社取締役
2002年6月 同社常務取締役 電源システム事業部長
2004年4月 ジーエス・ユアサ コーポレーション(持株会社)常務取締役
6月 GSユアサ(事業子会社)代表取締役社長(現任)
2005年6月 ジーエス・ユアサ コーポレーション 専務執行役員
2006年6月 ジーエス・ユアサ コーポレーション 代表取締役社長(現任)
現在に至る

GSユアサ
2004年4月、日本電池(GS、1917年設立)とユアサコーポレーション(1918年設立)が経営統合して持株会社ジーエス・ユアサ コーポレーションを設立。GSユアサはその事業子会社。自動車用・産業用各種電池、電源システム、照明機器等の製造・販売を行う。
【ジーエス・ユアサ コーポレーション連結】
資本金:330億円、売上高:約3480億円、従業員数:13600名(いずれも2014年3月31日現在)
インタビュー・文/竹林篤実
写真/行友重治、GSユアサ提供