J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年01月号

KEYWORD 7 レジリエンス・トレーニング

日本でも2013年頃から関心が高まっている「レジリエンス」。
「精神的回復力」「抵抗力」などと訳される心理学用語であり、ビジネスパーソンのメンタルヘルスケアが重要視される昨今、注目すべきキーワードの1つである。
外資系企業を中心に、すでに「レジリエンス・トレーニング」を企業内研修に導入している例もある。そこで、日本でレジリエンス・トレーニングを広める活動を行っている久世浩司氏に、レジリエンスとはどんな概念か、また、どのようにしたら高めることができるのかを聞いた。

プロフィール

久世浩司( くぜ こうじ)氏
ポジティブ サイコロジー スクール 代表
慶應義塾大学卒業後、P&Gに入社。その後、ポジティブ心理学を活用したコーチ・講師を育成する社会人向けスクールを設立。専門はレジリエンス。NHK「クローズアップ現代」ではレジリエンス研修が取り上げられた。著書に『「レジリエンス」の鍛え方』(実業之日本社)、『なぜ一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?』(SBクリエイティブ)などがある。認定レジリエンス マスタートレーナー、ザ・アカデミージャパン エグゼクティブ・トレーナー。

[取材・文]=木村美幸 [写真]=編集部