J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2015年01月号

KEYWORD 6 リベラルアーツ教育の具体策

海外とビジネスを行う、グローバル人材の育成策の中で、特に受講者に身につけてもらうのが難しいのが「教養・リベラルアーツ」だろう。
具体的にどのように学んでもらえば、教養は身につくのだろうか。
そこで、2013年からリベラルアーツ教育を導入し、注力しているトヨタグループの総合商社、豊田通商の人事部人材開発グループ・グループリーダー田中伸行氏に、リベラルアーツ教育の重要性や、具体的な施策について伺った。

プロフィール

田中伸行 氏 人事部 人材開発グループ グループリーダー

豊田通商
1948年設立。トヨタグループ唯一の商社として、1980 ~ 90年代にかけて海外進出を強化し、自動車関連事業を主軸に成長を遂げる。2000年に加商、2006年にトーメンと合併。自動車以外にもインフラ分野や化学品分野、食料分野など事業領域を大きく拡大、現在に至る。資本金:649億3600万円(2014年3月末日時点)、連結売上高:7兆7432億3700万円(2014年3月期)、従業員数(単体):3683名(2014年3月末日時点、出向者を含み、受入出向者を除く)

[取材・文・写真]=赤堀たか子