J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年03月号

企業事例① 日本アイ・ビー・エム 緻密な教育と徹底的なロールプレイングで営業力強化

優秀な営業担当を輩出する企業として名高い日本アイ・ビー・エム。同社では、営業職として必要な能力をグローバル基準で定め、全世界共通のプログラムを実施している。厳しい試験にパスしなければ、営業職になれないという同社。ロールプレイングを用いながら階層別に求める能力を細分化し、営業職の専門能力を高め続ける。そうした同社の営業人材育成方法を紹介する。

残り:3,467文字

/

全文:4,623文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

奈良 清隆 氏
人事 ラーニング セールス研修担当 部長
齋藤 守弘 氏
トランスフォーメーション&オペレーションズ セールスラーニング&コンピテンシー担当 部長

日本アイ・ビー・エム
外資系の100%子会社として、1937年に創立。情報システムにかかわる、製品、サービスの提供を主な事業とする。同社の親会社であるインターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションは、1911年設立。現在、世界170カ国で事業を展開している。
資本金:1353億円、売上高:9377億円、従業員数:非公開(いずれも2011年10月1日現在)

取材・文・写真/髙橋美香