J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年04月号

今月のNEWS

『2012年モチベーション予想調査結果』発表震災後に上昇したモチベーションは下降傾向に

●JTBモチベーションズ

JTB モチベーションズは、『2012 年モチベーション予想』の結果をまとめた。同調査は、2011 年12 月16 日から19 日に実施し、企業人のモチベーションの推移を探ったもの。18 歳から65 歳までの男女を対象に調査し、有効回答数は618 サンプルだった。

2012 年の自分のモチベーションを100 満点で得点化してもらったところ平均点は65.9 点となった。これは、2010 年実施の同様の調査の69.0 点を3 ポイント下回る結果で、同様に自分の上司についてのモチベーションについても61.5 点(2010 年)から58.5 点へと、3 ポイント低下した評価をしていた。

モチベーションが「下がる」理由で最も多かったのは、「今の給与やボーナスに満足していないから」で51.1%(2010 年58.6%から8 ポイント減少)。次いで「がんばっても成果がでないだろうから」38%(2010 年34.3%から4 ポイント増)だった。また、「上司のマネジメントが良くないから」32.1%(前年23.2%)、「今の会社や職場が好きではないから」28.5%(前年21.1%)、「職場に尊敬できる人がいないから」27.0%(前年21.2%)、「今の仕事が好きでないから」24.8%(前年10.1%)の項目で前年を上回っていることがわかった。

同社では、大震災後、絆や信頼関係を求める気持ちが高まるに従って、会社や上司への期待感が高まった結果、こうした不満につながった、としている。

また、職場でもっとモチベーションを上げて仕事をしてほしいという人を聞いたところ「社長、経営責任者」が25%、「直属の上司」が23%で、半数近くの人が上層部へのモチベーションアップを望んでいるという結果となった。

問い合わせ

株式会社JTB モチベーションズ

TEL : 03-5410-9362

職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告を発表「パワーハラスメント」の予防・解決に向けた取り組み例を整理

●厚生労働省

厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」では、職場の「いじめ・嫌がらせ」「パワーハラスメント」が社会問題として顕在化していることを踏まえ、問題の現状や職場のパワーハラスメントの行為類型などをまとめた。主な行為類型として、(1)身体的な攻撃:暴行・傷害、(2)精神的な攻撃:脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言、(3)人間関係からの切り離し:隔離・仲間外し・無視、(4)過大な要求:業務上明らかに不要なことなどを要求、(5)過小な要求:仕事を与えない等、(6)個の侵害:私的なことに過度に立ち入ること、に大別した。

また、この問題を予防・解決するための労使の取り組みについて、まず、企業として職場のパワーハラスメントはなくすべきという方針を明確に打ち出すべきとし、予防のためにはトップのメッセージを発信、実態の把握、教育が必要で、解決のためには相談や解決の場を設置する、再発を防止する、などの方策が示された。

問い合わせ

厚生労働省労働基準局労働条件政策課賃金時間室

TEL : 03-3502-6757

「企業のグローバル化に対する人材育成に関する意識調査」結果「国籍を問わず、有能な人材を幹部に登用する」が60%

●経済広報センター

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,453文字

/

全文:2,905文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!