J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年04月号

巻頭インタビュー 私の人材教育論 コニカミノルタホールディングス 代表執行役社長松﨑正年 自社独自の強みを活かし成長の機会を確実に成果につなげる

複合機・プリンターなどの情報機器事業、液晶用光学フィルムなどのオプト事業、ヘルスケア事業、そして計測機器事業――。
「材料」「光学」「微細加工」「画像」という4つのコア技術を融合させたものづくりを展開してきたコニカミノルタグループ。
「Giving Shape to Ideas」を合言葉に、今後さらにワールドワイドにシナジー効果を生み出していくことをめざす同社の組織・人づくりの戦略や実践について代表執行役社長 松﨑正年氏に聞いた。

残り:4,390文字

/

全文:5,853文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

松﨑 正年(Masatoshi Matsuzaki)氏
生年月日 1950年7月21日
出身校 東京工業大学大学院
総合理工学研究科
主な経歴
1976年4月 小西六写真工業 入社
1998年5月 情報機器事業本部システム開発統括部第一開発センター長
2003年10月 コニカミノルタビジネステクノロジーズ 取締役制御開発本部長
2005年4月 コニカミノルタホールディングス 執行役コニカミノルタテクノロジーセンター 代表取締役社長
2006年4月 コニカミノルタホールディングス 常務執行役 コニカミノルタテクノロジーセンター 代表取締役社長
2009年4月 コニカミノルタホールディングス 取締役代表執行役社長
現在に至る

コニカミノルタホールディングス
2003年8月、コニカとミノルタが経営統合。その後、コニカミノルタホールディングスが持株会社としてグループ経営戦略の策定・推進、グループ経営の監査等を行う。連結会社の主な事業内容は、情報機器事業(複合機・プリンター、印刷用機器など)、オプト事業(光学デバイス・電子材料)、メディカル(ヘルスケア用製品)、計測機器事業(色計測機器・三次元計測機器)等。
資本金:375億1900万円、連結売上高:7780億円(2010年度)、連結従業員数:約3万5200名(2011年3月末現在)

インタビュアー/西川敦子
Interview by Atsuko Nishikawa
写真/太田 亨
Photo by Toru Ota