J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年05月号

新潮流コラム 2 U理論 「出現する未来」から学ぶU理論で組織を変える

今、企業に組織活性化が求められる理由は何か?『 U理論』の翻訳で知られる中土井僚氏は、誰も解がわからない時代、幅広くステークホルダーを巻き込みながら、対話をしていくことが重要だと語る。みんなが自身の心の深いレベルに立って対話ができた時、深い一体感が生まれ、予想だにしなかったインスピレーショナルなアイデアが生まれる。それに従って、未来へと進むことで組織がレベルアップする。

残り:3,573文字

/

全文:4,764文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

中土井 僚(なかどい・りょう)氏
『U理論』(英治出版)の翻訳を担当。U理論の実践を支援する社団法人プレゼンシングインスティテュートコミュニティジャパン理事、オーセンティックワークス代表取締役。

[取材・文] = 木村美幸 [写真] = 本誌編集部、中土井僚氏提供