J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年06月号

連載 中原 淳の学びは現場にあり! 特別対談 演じて振り返って気づく「学び」の世界 インプロで組織はどう変わる?

昨今、さまざまな組織、企業で導入され始めたインプロ=即興演劇のワークショップ。インプロが組織を揺さぶる時、一体何が起こるのか?共著『インプロする組織 予定調和を超え、日常をゆさぶる』(三省堂)を上梓した東京学芸大学・高尾隆准教授と東京大学・中原淳准教授が特別対談。インプロが組織にもたらす可能性を探る。

残り:5,921文字

/

全文:7,895文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

高尾 隆(たかお・たかし)氏
東京学芸大学芸術・スポーツ科学系音楽・演劇講座演劇分野准教授。
1974 年、島根県生まれ。1998 年、東京大学文学部卒業。2004年、一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。一橋大学学生支援センター専任講師、東京学芸大学特任准教授等を経て、2010年より現職。大学での授業の他、学校、劇場、企業、地域などにおいてインプロ・ワークショップを実践。自らが主宰する「即興実験学校」では、ワークショップを行うかたわら、舞台にも立つ。著書に『インプロ教育:即興演劇は創造性を育てるか?』(フィルムアート社)、『ドラマ教育入門』(図書文化社、共著)、など。ウェブサイト: どみんごラボ(http://domingolabo.net/)Twitter ID: takaotakashi
中原 淳( なかはら・じゅん)氏
東京大学大学総合教育研究センター准教授。博士(人間科学)。
1975年、北海道生まれ。1998年、東京大学教育学部卒業。2001年、大阪大学大学院人間科学研究科、メディア教育開発センター、MIT工科大学客員研究員等を経て、2006 年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人々の学習・コミュニケーション・リーダーシップについて研究。Learning barをはじめとして、各種のワークショップをプロデュースする。NPO法人カタリバ理事。著書に『職場学習論』(東京大学出版会)、『知がめぐり、人がつながる場のデザイン』(英治出版)、『職場学習の探究』(生産性出版)など。ブログ: NAKAHARA-LAB.NET(http://www.nakahara-lab.net/)Twitter ID: nakaharajun
[取材・文] = 井上佐保子 [写真] = 真嶋和隆 [イラスト] = カワチレン [撮影協力] = カフェ&レストラン アンリ・ファーブル(座・高円寺2階)