J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2012年06月号

Opinion 2 人間社会に息づく『論語』から「忠恕」の心を学ぶ

「人間力」とは非常に幅広い概念だが、多様な立場の人々と深い信頼関係を結ぶ能力と捉えることができる。その「人間力」を考える時、ビジネスパーソンが『論語』から学ぶことは多い。『論語』はまさに、自己と他者という2軸で自らを見つめるための書であり、歴代の為政者、名だたる経営者ら「人間力」に長けた人々に支持されてきた。幼少時から『論語』に親しみ、ビジネス経験を積む傍ら『論語』を学び、現在は企業や教養塾などで『論語』の教えを伝える青柳浩明氏に、『論語』に見る人間力について聞いた。

残り:3,554文字

/

全文:4,738文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

青柳 浩明(あおやぎ・ひろあき)氏
幼少時から父親の指導で『論語』を学び、社会人になると同時に易学の大家である大田観川に師事。大手損保グループ会社で、システム開発、業務改善、経営企画など多方面でキャリアを積む。20年余りのビジネス現場を踏まえた経験に裏打ちされたビジネス論語を、企業研修・セミナーを通して『論語』の啓蒙活動を行う。また、?岩崎育英文化財団の学生寮事務長として、英才への徳育や就職指導等にも携わる。著書に『リーダーを支える『論語』入門』(中経出版/刊)、『ビジネス訳論語』(PHP/刊)、『論語説法』(講談社/刊)他。
[取材・文・写真] = 石原野恵