J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年01月号

KEYWORD6 ゲーミフィケーション 管理職も一般社員も。 誰でも仕事をもっと楽しく

昨今聞かれるようになってきた言葉の1つに、「ゲーミフィケーション」がある。ゲームを何かに応用する、ということだが、教育の世界にゲームを応用するとはどういうことを指し、どんな効果が期待されるのだろうか。日本企業の人材育成やマネジメントに「ゲーミフィケーション」を応用すべく起業した、安部一真氏に聞いた。

安部一真(あべ かずま)氏 安部一真事務所 代表取締役/アソビエ 代表取締役
1984年、鹿児島県生まれ。東京大学法学部を卒業。2007年4月、経済産業省に入省。商務情報政策局、資源エネルギー庁などに所属した後、2012年3月、経済産業省を退職。任意団体サムライ・イノベーションの設立などを経て、2012年7月から現職。







[取材・文] = 赤堀たか子 [写真] = 本誌編集部

ゲームの楽しさが行動や意欲を引き出す

ゲーミフィケーションとは、簡単にいえば、ゲームの仕組みや楽しさなどの要素を、ゲーム以外のものに応用することだ。「何か成果を上げていくとレベルが上がる」「マニュアルを読まずに操作や利用ができる」「何かを達成した時に報酬が得られる」など、ゲームの分野では当たり前の、人を楽しませながら狙った行動を引き出す仕組みや考え方を意味する。

現在、積極的にゲーミフィケーションが活用されているのはウェブマーケティングの分野。企業のポータルの閲覧数や、ECサイトでの利用金額などに応じてポイントをもらえたりする仕組みにより、企業やECサイトへの利用者のロイヤルティを高めている。

米国では、「バッジビル」「ビッグドア」「バンチボール」の3 社がゲーミフィケーションのトップ3といわれており、日本では、「ゆめみ」と「ネットマイル」がこの分野の先駆的な企業として知られている。

ゲーミフィケーション11の要素

ゲーミフィケーションは、ここ数年の間に生まれた新しい概念で、導入も始まったばかりだ。そのため、定義も確立されているわけではないが、当社としては、以下の11項目をゲーミフィケーションの特徴と考えている。いずれにも、ドラッカーなど、多くの識者が昔から主張している、マネジメントや人材育成に必要とされる要素が含まれていることにお気づきいただけると思う。私は日本企業がこれらの要素をマネジメントや教育に取り入れることで、活力を取り戻せると考えている。

1. 入門教育

マニュアルを読まなくても、5歳児でもやってみれば、すぐできる。→わかりやすく教えているか。

2.ダイレクトフィードバック

経験値や点を稼いだら特徴的な音楽が鳴ったりと、何かいいことをした際、即座にほめられる。成果や評価がすぐに目に見える。→部下の成果、仕事をすぐ見たりほめたりしているか?

3. ルール

きちんとルールが設けられており、それに沿って進む。→ルールが明確。○○取締役は例外など、役職等によりルールが異なるといったことがない。

4.状況の可視化

進捗状況や相関関係が見えること。ゲームでいえば、プレーヤーの体力や、ストーリーの進捗などが見える化されている状態。→メンバーや部下の仕事の状況をきちんと把握しているか? 放ってしまっていないか。

5.偉大なる段階的ゴール

最終目的が明確であり、それに向かって小さなゴールが段階的に積み重なっている。たとえばRPGでは、「ラスボスを倒す」という偉大なゴールに向かって、「○○という宝物を取りに行く」「○○町にたどり着く」といった細かなゴールがある。ひたすら敵を倒し続け、魔王がいつ出てくるのかわからない、といったゲームでは、誰もやりたがらない。→一見、達成が大変そうな全社目標を噛み砕いて進めていけるか?

6.称号・成長

成長に応じてレベルアップしていくこと。たとえば『ドラゴンクエスト6』では、戦士から僧侶へなど、プレーヤーの「職業」を変えることができる。そして経験を積んでいくと「○○マスター」などといった称号が与えられていく。→頑張った見返りが(お金やポスト以外でも)与えられているか。社員が成長を感じられるか。

7.デザイン・演出

レベルアップやステージクリアなど、成果が出た時に、特徴的な音楽や楽しい映像等で、盛り上がりをさらに盛り上げる演出がある。→誕生日や、優秀成績者を祝うイベントなど、やる気を高める演出をしているか?

8. 難易度コントロール

段階的に難しくなっていくこと。やり始めのうちに難しいことや強い敵に出会わせれば、プレーヤーは早期に嫌になってしまう。多くのゲームは、徐々に経験を積まないと倒せない敵や、よく考えないと脱出できない洞窟などが、だんだんと登場してくるようにつくられている。→新人にいきなり難易度の高い仕事をさせるなど、相手の対応能力を考えずに仕事をさせていないか。

9.自主・自立

ゲームを強制されてやるという人がいないように、一切強制がなく、自主的、自分の責任で行いたくなる。→“やりたい仕事”をさせているか。ただ上から仕事を与えていないか。

10.競争

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:2,092文字

/

全文:4,184文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!