J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年01月号

KEYWORD5 グローバル人材育成 全球化時代へ本気で対処せよ! ―手垢にまみれてきた「グローバル人材論」を超えて―

グローバル組織と人材開発のコンサルタントとして20年の経験と実績を持ち、1997 年にアメリカ経営出版社の名門、Jossey-Bass社からTranscultural Management(邦訳『多文化時代のグローバル経営』)という経営書を出し、当時から多文化、多国籍、多言語の組織経営と人材育成の課題を訴えてきた著者が今、再び日本企業の経営者と人材開発育成者へ提言する。

残り:3,740文字

/

全文:4,986文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

船川淳志(ふなかわ あつし)氏 グローバルインパクト 代表パートナー
慶應義塾大学法学部法律学科卒業。東芝、アリコ・ジャパン勤務の後、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)にて修士号取得(MBA)。その後、米国シリコンバレーを拠点に組織コンサルタントとして活躍。帰国後、グロービスのシニアマネジャーを経て独立し、現職。NHK教育テレビ「実践・ビジネス英会話」、スカイパーフェクTV!757ch「ビジネス・ブレークスルー」において、「グローバルリーダーのマインドとスキル」などの番組講師を務めた。著書に『ロジカル・リスニング』(ダイヤモンド社)、『グローバルリーダーの条件』(PHP出版、大前研一氏と共著)、『英語が社内公用語になっても怖くない グローバルイングリッシュ宣言!』(講談社)など多数。