J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2013年03月号

JMAM 通信教育優秀企業賞 表彰企業事例報告 コカ・コーラ セントラル ジャパン 目標値設定と仕掛けづくりで 主体的に学ぶ風土を醸成

コカ・コーラをはじめとする清涼飲料水を、
神奈川・静岡・山梨・愛知・岐阜・三重の6県で販売する
コカ・コーラ セントラル ジャパン。
具体的な数値目標を掲げ、“主体的に学ぶ風土”の醸成に取り組んできた。
社員一人ひとりに、学ぶ大切さを
どのように気づかせ、行動に移させたのか?
その取り組みについて伺った。

残り:2,657文字

/

全文:3,542文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

橋本 誠治氏 執行役員人事部長
松本 祐児氏 人事部人事厚生チームリーダー
青山 良光氏 人事部人事厚生チーム主任


コカ・コーラ セントラル ジャパン株式会社
中京コカ・コーラボトリング株式会社、富士コカ・
コーラボトリング株式会社が、株式移転により
持株会社(共同完全親会社)として2001年6月
29日設立。2005年1月に事業会社2社を吸収合
併。清涼飲料水の製造・加工および販売等を
展開する。神奈川県横浜市に本社を構え、神
奈川県、静岡県、山梨県、愛知県、岐阜県、三
重県に拠点を持つ。
資本金:64億9900万円、売上高:1930億8,100
万円、従業員数:2,578名(いずれも2011年12月
31日現在)

取材・文・写真/赤堀たか子