J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

今月のNEWS

Investigationベンチャー企業の人材確保に関する調査研究人材確保の取り組みを強化する中小企業6社の事例を紹介●中小企業基盤整備機構

中小企業基盤整備機構は、ベンチャー企業の人材確保に関する調査を実施した。同調査研究は、成長期にあるベンチャー企業経営者の人材確保に資することを目的に行った。企業の成長期は、「人材確保」の問題が顕在化してくる時期でもある。同調査研究は、そうした課題をどのような考え方で対処すべきかに主眼を置いて実施されたもの。第1章から第3章までは、行政や企業が実施した各種調査の資料を中心にとりまとめられている。企業が人材不足を補うために、採用・活用を考えている人材についての調査(右図)によると、新卒採用中心の大企業に比べて、中小企業では「経験者を中途採用」が70.2%と最多で、「未経験者の中途採用」も33.1%にのぼった。また、採用方法は中小企業では「ハローワークの活用」が74.7%と最多で、次いで「縁故採用」(33.9%)となり、大企業で一般的な自社ホームページでの採用や求人サイトの利用率は低かった。その他、リクルートワークス研究所による新卒採用の求人倍率を大企業と中小企業で比較した調査では、従業員数300人未満の企業では4.41倍であるのに対し、従業員数5000人以上の大企業では0.47倍となっている。このことから就職難は大企業中心の現象であり、中小企業には採用の余力があることが示唆された。同調査の巻末には添付資料①として活躍するベンチャー企業6社(アプレッソ、ヴィレッジ・ヴァンガード・コーポレーション、ケンコーコム、ノバレーゼ、平成建設、ライブレボリューション)への人材確保についてのヒアリング結果が掲載されている。大企業よりも知名度、採用予算が低いといったベンチャー企業ならではの悩みをカバーするさまざまな取り組みを紹介し、人材確保に対する考え方、採用時に重視していること、学生への知名度を向上させるための方策などを具体的に解説している。

問い合わせ独立行政法人 中小企業基盤整備機構 経営支援情報センターTEL:03-5470-1521

Investigation通信研修の活用実態に関する調査通信研修採用の最大のポイントは「各自のペースで進められる」が87%●産業能率大学

産業能率大学は、通信研修を導入する企業等の人事・人材開発担当者183名を対象に、通信研修の活用を尋ねる調査を実施した。通信研修の採用で重視したことを尋ねると、「当てはまる」「やや当てはまる」を合わせた“当てはまる”の割合が最も高かったのは「各自のペースで学習できる」(86.9%)だった。また、1.社員の自由意志の場合と、2.会社や上司の判断での受講の場合とで修了の際の会社の費用負担率を尋ねたところ、1は全額補助が27.9%であるのに対し、2は59.6%となった。ただし半額以上を補助する割合は、両者ともに8割を超えた。通信研修の実施テーマは、「新入社員クラスの仕事全般」(81.4%)、「資格取得」(78.7%)、「中堅社員クラスの仕事全般」(77.0%)など、組織人の土台づくりに関するテーマが上位に上がった。その他、今後実施の必要性を感じているものでは「学習した内容を実践する機会を設ける」が42.6%と最も高く、企業が学習と実践を結びつけることを重視していることが明らかになった。

問い合わせ学校法人 産業能率大学 総合研究所TEL:03-3704-9040

Investigation「職場におけるメンタルヘルスケア対策に関する調査」結果メンタルヘルスによる休職・退職者がいる事業者の32.2%が「未対応」

こちらはJ.H.倶楽部会員限定記事です。
ご入会後、続きをお読みいただけます。

残り:1,520文字

/

全文:3,039文字

【入会・年会費無料】

J.H.倶楽部は人事の仕事に役立つ特典が満載です!

  1. 総数2000本以上の人事の実務に役立つ記事(※)が閲覧可能
    ※専門誌『Learning Design』(旧『人材教育』)の記事
  2. 新サービス・お役立ち情報(調査報告書・ホワイトペーパーなど)の先行案内
  3. 会員限定セミナーへのご招待/講演動画・配布資料の閲覧
  4. 興味関心に沿った必読記事を、メールマガジンでお知らせ!