J.H.倶楽部

無断転載ならびに複製を禁じます。なお内容は取材・掲載当時の情報です。

月刊 人材教育 2011年09月号

TOPIC 1 ASTD International JAPAN リーダーシップ開発委員会報告 日本人グローバルリーダーは 早期から青図を描いて育成を

去る4月21日、CHO協会・ASTD日本支部共催セミナー、「グローバルでアイデンティティを発揮するために求められるリーダーシップを開発するには?」が開催された(於:東京・パソナ本社1階多目的ホール)。このセミナーでは、ASTD日本支部リーダーシップ開発委員会が研究、考察した、日本企業におけるリーダーシップ開発のあり方や課題について同委員会委員長を務める永弘之氏が、参加者とのディスカッションを交えて語った。本稿では、主に当日の講演から、日本企業が置かれている危機的状況と、グローバルリーダー育成の必要性、そしてその方法についての提言を紹介する。

残り:3,346文字

/

全文:4,461文字

記事の続きはご入会後、
お読みいただけます。

プロフィール

永 弘之(ながれ ひろゆき)
エレクセ・パートナーズ代表取締役、ASTD日本支部理事、リーダーシップ開発委員会委員長。化学会社の経営企画、外資系コンサルティング会社のコンサルタント、衛星放送会社の経営企画部長・事業開発部長などを経て現職。幅広い業界の企業に対して、9000名以上の経営幹部、若手リーダーの育成を支援。著書は『マネジャーになってしまったら読む本』(ダイヤモンド社)、『強い会社は社員が偉い』(日経BP社)など多数。写真は当日のディスカッションテーマを説明する永氏。

取材・文/関 敦子、写真/本誌編集部